リフォーム事例

大きな赤珊瑚の指輪を美しいネックレスにリフォームしました

こんにちは。ジュエリーリフォームの誠美堂です。
今回は、稀少性の高い赤い珊瑚の指輪をネックレスにリフォームした事例をご紹介いたします。
お客様から「サンゴが大きくて使いづらい」とのお悩みでご相談をいただきました。
今やサンゴは絶滅危惧種として自然保護の対象となりましたので、赤くて大きいサンゴというのは稀少性が高く年々値段があがっています。
50年でやっと1センチ成長というほど長い歳月をかけて育まれた海の宝石なのです。

美しい赤い珊瑚の指輪の悩み

赤いサンゴの指輪
綺麗ですね~。そして大きいです。直径15㎜くらいありそうです。これはとても稀少性が高いと思います。
「大きくて使いづらい」というのは稀少性の観点からとても贅沢な悩みではありますが、拝見しますとリング台座も高く、着けている時に、何かにぶつけてしまわない様気を遣わなくてはなりません。このまま気を遣って「着けられない」のでは、それこそ本当に勿体ないことです。

サンゴの特性からデザインを考える

サンゴはデリケートな宝石でもあります。表面硬度が「3.5」と宝石の中でもかなり柔らかいです。ダイヤやルビーなど鉱物系の宝石と違い、自然界生物の生育活動からできたものですので、真珠や琥珀などと同じように気を遣って欲しいと思います。この様にデリケートな宝石を日常にもっと楽しめる様にするにはネックレスデザインにリフォームすることをお薦めします。ネックレスとして着けることは、指輪として着けるよりもずっと気遣いの頻度が少なくて済むからです。

サンゴ、リフォームする時の注意点

サンゴの成長は50年に1センチ程度と書きましたが、その長い歳月の中で様々な環境変化であり、サンゴの成長は均一になりません。
どこからも見ても美しいサンゴも、リング枠に隠れたところに大きな凹みや窪みがあることが多いものです。まさに自然界での生育の証なのですが
元の枠から外した後に そのような凹みが見つかることも想定してリフォーム後のデザインを考えていくことが私たちの使命でもあります。

また、何よりも元のリング枠からキレイにサンゴを外せるかどうかも大きなポイントです。外す時にサンゴにダメージを与えてしまわない様、細心の注意を払い腕の良い職人に任せています。

お客様ご希望のデザインとは?

「サンゴが大きくて使いづらい」というのがお客様の悩みでいらっしゃいましたので、ネックレスへのリフォームをご提案しましたが、これほど立派な素晴らしいサンゴをいきなり「カジュアル」にトーンダウンさせるのも勿体ないと感じていました。ほど良い日常使いができるネックレス、着ける度に心がふわっと華やぐ優しいオシャレとして活躍するネックレスになれば良いとご提案させていただきました。

完成した珊瑚のネックレス

サンゴネックレス
素敵ですね。イエローゴールドとプラチナのコンビネーションですが、つや消し加工を行うことでサンゴの優しいテリを引き立て、とても上品な仕上がりとなっています。この仕上がりを見た瞬間に、この冬はベージュのカシミヤのセーターを着ようかしら、黒のタートルを新調しようかしら・・・と心がワクワクしてくる感じがします。
赤珊瑚リフォームネックレス
お客様にも「こんなに素敵に仕上がって嬉しい!!」ととても喜んでいただきました。嬉しいですね。これこそジュエリーリフォームの醍醐味だと思います。
宝石箱にしまって使わないままのジュエリーは見る度に「嗚呼、使えていない」と女性にはむしろ罪悪感が湧いてしまいます。でもこうして、リフォームをすることで「今の自分」が着けたい!魅了されるネックレスになり心華やぐ毎日が実現します。

喜ぶお客様

>>>その他の色石リフォーム事例

ジュエリーリフォームをお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。

 

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
リフォームの相談をしたくても、どこに頼んだら良いのかわからないという方が多くいらっしゃるそうですね。ジュエリーの修理、リフォーム相談のお役に立てましたら嬉しいです。ぜひ一度、店頭にお品物をお持ちになってご相談くださいませ

事前にWEB予約をされると、お待たせすることなくスムーズに相談ができておすすめです。(お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓
ご来店予約
「どこの店舗に行ったら良いか分からない」「まずはメールで相談したい」など ↓
お問合せ