リフォーム事例

マラカイト(孔雀石)のペンダントを個性的なリングにリフォーム(リメイク)

マラカイトリング デザイン画

こんにちは、誠美堂です。
今回は、マラカイト(孔雀石)のペンダントトップをとても個性的なリングにリフォームした事例をご紹介いたします。

お客様は今から数十年前、マラカイト(和名 孔雀石)という宝石に魅せられて何件もの宝飾店を訪ね歩いたそうでした。当時もマラカイトを取扱う店はとても少なくやっと見つけたお店でも、まだジュエリーになっていなかったそうです。お客様のお話では、ショーケースの隅にルースが追いやられるように置いてあったそうで、ペンダントになら加工出来るかもと言われ、デザインをそのお店にお任せしてご購入をされたそうでした。ですが、今はペンダントとして使う機会もなく別のアイテムにしたい、とご相談をいただきました。

お客様のマラカイトのペンダント

マラカイト ペンダント
筒型のマラカイトですね。とても珍しいです。長さが2センチ以上あります。18金の細かい細工を施したオリエンタルな雰囲気が素敵なデザインです。

マラカイトのペンダント
画像には写っていないのですが残念な事に石の一部が欠けてしまっておりました。

アイテムとデザインのご提案

「ペンダントのままでは使わないと思う」「いっそのこと石を二つに割ってピアスしてみてはどうか」などお客様ご自身も試行錯誤の思いでいらっしゃいます。しかし石のカッティングはかなりリスクが高く、折角の大きな石も、かなり小さくなってしまう可能性が高いため、その方法は断念することに。そこで石の形状をキープしながらアイテムを指輪に変えるというデザインをご提案させていただくことになりました。

マラカイトリング デザイン画
面白いアイデアのデザインです。掛けた部分も上手にカバーしながら今のオリエンタルな雰囲気をそのまま残してリングするデザインです。お客様にもお気に召していただき、こちらのデザインでリフォームをされることになりました。

出来上がったマラカイトの指環

仕上がった指輪がこちらです。

マラカイトリング
素敵ですね!エキゾチックな魅力が増しています。
マラカイトの指環
元々、ペンダントの上部に施されていたK18の透かし細工を石の中央に移動させ、筒状の石の上下は蓋をするようにK18で覆われています
デザインも素晴らしいのですが、大きさもあり、少し弱い性質のマラカイトを保護するための作りなのです。
孔雀石リング
裏側はこの様にリング部分と接続されています。
孔雀石指輪

マラカイトのグリーンとイエローゴールドのコントラストとても素敵です。他には無い個性的で目を惹くデザインだと思います。

お客様の感想

リフォーム承りの際にデザイン画をご覧頂いておりましたのでイメージはご理解頂いていると思いましたが、出来上がったお品物にはとても喜んで頂きました。
これ程しっかりと、素敵なリングになるとは思わなかったと、驚きの声を出されていました。私達スタッフも同じでした。出来上がったお品物をお客様より一足早く拝見することになるのですが、このリングを拝見した際には歓声が上がりました!

>>>その他のカラーストーンリフォーム事例
>>>その他真珠リフォーム例
>>>その他のダイヤリフォーム例

ジュエリーリフォームをお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。ジュエリーの状態を拝見して皆さまのお役に立てますよう努力しております。お気軽にご相談くださいませ。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
リフォームの相談をしたくても、どこに頼んだら良いのかわからないという方が多くいらっしゃるそうですね。ジュエリーの修理、リフォーム相談のお役に立てましたら嬉しいです。ぜひ一度、お店にお品ものをお持ちになってご相談くださいませ

事前にWEB予約をされると、スムーズに相談ができておすすめです。
誠美堂は関東圏に10店舗 >>> ショップ一覧

お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓

ご来店予約
「どこの店舗が近いか分からない」「まずはメールで相談したい」方はこちらへ↓
お問合せ