ダイヤリフォーム例

「もの足りない」と感じたダイヤリングを華やかにするリフォーム

立て爪リフォーム事例画像

今回は、ご婚約指輪の立て爪タイプのダイヤモンドリングをリフォームしたビフォアー&アフターを紹介いたします。大切にしまっておかれたご婚約指輪が「今はなんだか似合わない」「物足りない」と感じる女性がとても多いと聞きます。
贈ってくださった方にはそんな事は口にも出せず人知れず相談できないままになっている方も多いそうです。今回はそんなお客様がジュエリーリフォームをされた実例をご紹介いたします。

年齢や環境によって変わる好み

今回ご相談のお客様のダイヤモンドの大きさは0.5㌌でした。とても質の良いダイヤモンドでご婚約当時はお着けになるのが勿体ないと感じていらっしゃり、大切にしまっておかれたそうです。ご結婚後はお二人のお子様に恵まれ、子育てに忙しい毎日でこの指輪をお着けになるチャンスはなかなか無かったそうでした。

きっかけはお子様が小学校に入学された時。周りのお母様たちがとても華やかにジュエリーをお着けになっていらっしゃるのを見て「そうだ!私もあの指輪を着けてみよう!」と大切にしまっておかれたご婚約指輪を久しぶりに出してみたそうです。

ダイヤモンド立て爪リング

その時に「あれ?」と違和感を感じられたとか。ご結婚当初は着けるのが勿体ないほどに感じていらしたのが今は「何か物足りない」と。そこからダイヤモンドのリフォームについてお考えになったそうですが、なかなか気にいるデザインに巡り会えなかったそうでした。そんな折に誠美堂にご相談くださいました。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
今回はラグジュアリーな印象になる素敵なダイヤモンドリングを目指してご提案をさせていただきました!
手描きのリフォームデザイン

0.5㌌のダイヤモンドの周りに一粒0.1㌌(直径約3ミリのダイヤモンドを8石で取り巻くことでグッとインパクトのある印象になります。取り巻くダイヤモンドをもっと小ぶりにする事もできます。例えば直径1ミリ以下の小さなダイヤモンドで取り巻くと繊細さが出ます。しかし今回はラグジュアリー感のあるリングにしたい!ということで、こちらのデザインでリフォーム着工となりました。

ジュエリーリフォームで大きく変身

リング部分も全周ダイヤモンドのフルエタニティリングタイプで本当に素敵なゴージャスなダイヤモンドリングへと変身いたしました!

0,5㌌ダイヤモンドリフォーム

完成のご納品は、お客様も大感動の嬉しいお時間でした!ダイヤモンドを周りに取り巻くことでこんなにも印象が変わった!ととても喜んでいただきました。お着けになる日がドキドキワクワクでいらっしゃるそうです。

>>>  その他ダイヤリフォーム例

ジュエリーリフォームをお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
ジュエリーのリフォームを相談したくても、どこに行ったら良いのかわからない、という方が沢山いらっしゃるそうです。どうぞ一度、店頭にお品物をお持ちになってご相談ください!

>>> 関東エリア 誠美堂ショップ一覧

事前にWEB予約をされるとスムーズに相談ができておすすめです。
お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓

ご来店予約

「まずはメールで相談したい」方はこちらへ↓

お問合せ