ダイヤリフォーム例

2本のダイヤモンドリングを普段使いしやすい1本の指環へリフォームしました

ダイヤモンドリング

こんにちは。誠美堂です。
大切な方からいただいた指輪を使えずにそのままになっている方はいらっしゃいませんか?今回は、お母様から形見としていただいた2本のダイヤモンドリングを、日常に使いやすい1本の指環にリフォーム(リメイク)された事例をご紹介いたします。

お母様からいただいた大切なダイヤモンドリング

今回、ご相談をいただきましたお客様は、お母様から譲り受けた大切な2本の指環をなかなか使えるチャンスがなく「どうしたら良いかしら」と思案してご来店をいただきました。折角良いものをいただいても活用できていないと逆に申し訳ない気持ちになってしまう、とあるお客様が仰っておられたのを思い出しました。
確かにお母様の世代のダイヤモンドリングは、爪が高い指輪が主流で大人気のデザインなのですが日常には使いづらいという難点があります。
お母様からの指環
こちらがご相談いただきました指環の一つです。
ダイヤモンドリング(リフォーム前)
プラチナをしっかりと使った造りになっていますね。
ダイヤモンド婚約指輪(リメイク前)
横から拝見しますと、やはり爪に高さがありますので普段使いはしづらいデザインとお見受けしました。

もう一つご相談くださった指輪はこちらです↓

ダイヤモンドリング
ドレープの様な流れのあるオシャレなデザインです。

ですが、こちらも他の指環はうまく組み合わせが出来ず、なかなか出番が無かったとお悩みでいらっしゃいました。

どちらも活かして普段使いが出来るデザイン

お客様からのお話しを伺っていく中で どちらも大切な形見のお品ですので 2本とも活かして使えるものがご希望でいらっしゃいました。
また、日常にお守りの様に使っていきたいので 出来るだけ爪は低くぶつかりにくいデザインに・・・というお話でございました。

そこで、1本目の指環のダイヤモンドを中心に2本目のメレダイヤを周りに入れて、出来るだけ指に添った出っ張りの無いデザインを目指してお客様にご提案をいたしました。

ぶつからない 組み合わせもしやすいデザイン

出来上がった指輪が、こちらです。
ダイヤモンドリング
素敵ですね!どんなシーンにお使いいただけるスタイリッシュで使いやすいデザインです。シンプルで毎日着けたままが出来るスッキリしたフォルムになっています。
ダイヤモンドリング
中心のダイヤモンドは爪留め、周りのメレダイヤは彫り留めで留めてあります。リングのフチから一段下がって留めているので更に引っ掛かりが少なく日常使いにとても有り難い設計になっています。
毎日使えるダイヤモンドリングのデザイン
リングの厚みもちょうど良いですね。日常使いに強度的にも安心(変形しにくい)で、逆に分厚すぎず装着感の心地よさを感じます。これは毎日のお気に入りリングとして活躍できそうですね。

お客様の感想

喜ぶお客様
ご納品の際は、お客様にとても喜んでいただけました。「あの2本の指環が、まるで生まれ変わったみたいね!」と仰っていただきました。眠ったまま使えずにいらした2本の指環が活躍できる1本の指輪におまとめでき、お母様の思い出を毎日身に着けることが出来るのはとても素晴らしいことだと感じます。大切な想いを繋いでいくお手伝いができるのは私たちもとても光栄に感じます。

>>>その他のカラーストーンリフォーム事例
>>>その他真珠リフォーム例
>>>その他のダイヤリフォーム例

今回のジュエリーリフォームの金額目安

ジュエリーリフォームをお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。ジュエリーの状態を拝見して皆さまのお役に立てますよう努力しております。お気軽にご相談くださいませ。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
リフォームの相談をしたくても、どこに頼んだら良いのかわからないという方が多くいらっしゃるそうですね。ジュエリーの修理、リフォーム相談のお役に立てましたら嬉しいです。ぜひ一度、お店にお品ものをお持ちになってご相談くださいませ

事前にWEB予約をされると、スムーズに相談ができておすすめです。
誠美堂は関東圏に10店舗 >>> ショップ一覧

お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓

ご来店予約
「どこの店舗が近いか分からない」「まずはメールで相談したい」方はこちらへ↓
お問合せ