修理例

30年前の結婚指輪がサイズ直しと仕上げで新品の様になりました

サイズ変更と新品仕上げを行った30年前のご結婚指輪

こんにちは、誠美堂です。
今回は、30年前にお求めになった結婚指輪の「サイズ直し」と「新品仕上げ」を行った事例をご紹介いたします。

サイズが合わなくなった男性用のご結婚指輪

30年前に購入されたご結婚指輪。いつの間にかサイズが合わなくなってから、なんとなく着けずじまいになっていらしたそうです。
この度、すでに成人された息子さんたちとご親族揃ってのお食事会が開かれることになり、久しぶりに「あの結婚指輪をきちんと着けて出席したいな」というお気持ちになられて、誠美堂にご相談いただきました。
30年前に購入されたご結婚指輪

拝見いたしますと、目立った大きなキズや変形など見当たりませんでしたが 長年のご使用で細かい小キズや、クリーニングでは取れない汚れが付着しておりましたので、サイズ変更のお直しと一緒に「新品仕上げ」もお薦めいたしました。

結婚指輪サイズ直しの注意すべき点

ご結婚指輪のサイズお直しをする際に、私たちが特に気を付けていることの一つに「内側に刻印された記念日を消さないように」というのが、あります。お二人の大切な記念日、そしてお互いの名前やイニシャル。当時のお二人の想いがギュッと詰まった文字入れ刻印を出来るだけ消さないでサイズ変更が出来る様に工夫といたします。文字が刻印されていない場所でサイズを広げる努力をおこなっています。指輪のデザイン上、どうしても難しい場合は、新たに文字を入れ直すという加工も行っております。

出来上がりはまるで新品!

サイズ変更と新品仕上げで、出来上がったご結婚指輪はこちらです。
サイズ変更と新品仕上げを行った30年前のご結婚指輪
輝きが違いますね!ピカピカでまるで新品の様です。見ていてとても気持ち良いものですね。お客様からも大変喜んでいただきました。お食事会の出席のためになさった、というのがキッカケでしたが、「これからも毎日着けたいです。気持ち良いですね」と仰っていただきました。本当に良かったです。

サイズが合わなくなった時の考え方

お客様は、指輪のサイズが合わなくなった際に、「あら、私少し太ったかしら?」「お酒飲み過ぎて浮腫んでいる?」などと罪悪感を抱く方が多い様です。
「必ず痩せて元のサイズに戻す!」と目標にされる方もいらっしゃいますが、指輪のサイズが合わなくなるのは、なにもご自身の体重増減だけが原因では無い様です。手を使うお仕事、日常で手荷物を運ぶ、または年齢などで自然とサイズが合わなくなるケースが多くあります。
それは「働いてきた証」「頑張ってきた勲章」の「手」ですので、「ご褒美としてご自身の手指を飾る」とお考えいただきまして ぜひサイズお直しをしてまた指輪を着けられる様にしていただきたいと思います。お役に立てましたら嬉しいです。

>>>その他のジュエリー修理

ジュエリー修理リフォームをお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。ジュエリーの状態を拝見して皆さまのお役に立てますよう努力しております。お気軽にご相談くださいませ。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
ジュエリーの修理・リフォームの相談をしたくても、どこに頼んだら良いのかわからないという方が多くいらっしゃるそうですね。ジュエリーの修理、リフォーム相談のお役に立てましたら嬉しいです。ぜひ一度、お店にお品ものをお持ちになってご相談くださいませ

事前にWEB予約をされると、スムーズに相談ができておすすめです。
誠美堂は関東圏に10店舗 >>> ショップ一覧

お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓

ご来店予約
「どこの店舗が近いか分からない」「まずはメールで相談したい」方はこちらへ↓
お問合せ