修理例

ネックレスとブレスレットが切れてしまった!のジュエリー修理

修理前ネックレスチェーン切れ①

今回は、ネックレスとブレスレットが切れてしまった修理の事例をご紹介します。
寒くなるとタートルのセーターが活躍しますね。しかし、脱ぐときに一緒にネックレスを引っ張ってしまったというお話をよく聞きます。
強い力が加わるとパーツが外れたり、チェーンが切れてしまうことがありますね。
その時はショックを受けてしまいますが、ジュエリー修理(リペア)で元通りにキレイにお直しをすることができます。

ボールチェーン ベネチアンチェーンの修理

修理依頼の1点めは2連のブレスレット(素材はK10ホワイトゴールド)
チェーンが切れてしまっています。スクリューのようなデザインのあるチェーンです。問題なくお直しできそうです。
修理前ブレスレットチェーン切れ
2点めは、ボールチェーンと呼ばれるタイプ(素材はK18ホワイトゴールド)
切れた所に熱を加えるのでボール同士がくっつかない様、配慮してお直しします。
修理前ネックレスチェーン切れ①
3点目はベネチアンと呼ばれるネックレス(素材はプラチナ)
こちらもチェーンの目が詰まっているので熱を加えた時にお互いがダマにならないよう配慮していきます。
修理前ネックレスチェーン切れ②

母を想う気持ち ジュエリー修理で叶う

お話を伺うと、ネックレスの持ち主であるお母様は忙しくてなかなかお店に行けずネックレスやブレスレットは切れたままになっていたそうです。
そこで娘さんからお母様のお誕生日のお祝いとして「代わりに修理をして母がまた使えるようにしてあげたい」とご相談にいらっしゃいました。
素敵なお話しですね!お母様にもお嬢様にも喜んでいただきたい!と、スタッフの気持ちも上がります。

ジュエリー修理の流れ

修理でお預かりさせて頂く際は、まずチェーンの素材を確認します。
切れたヶ所の位置を正確に測り、その他留め具の不具合なども無いか合わせて確認します。
その後、工房で「ロー付け」という修理をいたします。
これは金やプラチナが溶ける温度まで熱を加えて、切れた所をつなぐ特殊な修理方法となります。

修理が出来上がりました

お修理出来上がり後のお品はこちら!
修理後ブレスレット

修理後チェーン切れネックレス② 修理後チェーン切れNC①

切れた箇所がしっかりとロー付けされ、どこが修理箇所なのか全くわからない程です!
クリーニングもしましたのでネックレスとブレスレットが綺麗に蘇りました。

修理完成 お客様の感想

ご納品の際には、「無事に直って良かったです!」と、笑顔で仰っていただきました。
お母様の誕生日のお祝いに「修理して差し上げたい」というお嬢様の大切な気持ちに添うことが出来て私たちもやりがいを感じるとても嬉しい一日でした。

>>>  その他のジュエリー修理事例

ジュエリー修理をお考えの方へ

誠美堂では、当店でお求めになったお品はもちろん、他店でお求めになったお品の修理やジュエリーリフォームも承っております。一見難しいと感じるものでも種類や状態を拝見して皆さまのお役に立てますよう努力しております。お気軽にご相談くださいませ。

誠美堂スタッフ
誠美堂スタッフ
お客様のジュエリーへの想いを大切に…
誠美堂に、ジュエリーの修理やリフォームなど、先ずは是非ご相談ください。

>>> 誠美堂ショップリスト

事前にWEB予約をされると、スムーズに相談ができておすすめです。
お近くの誠美堂店舗を指定してご予約ができます↓
ご来店予約
「どこの店舗が近いか分からない」「まずはメールで相談したい」方はこちらへ↓
お問合せ